Lekarze i pielęgniarki

Wpisy

  • niedziela, 25 marca 2012
    • Over-the-counter (OTC) medicines

      その使用に関して医師の判断が必要であった医療用の医薬品が、医師の処方箋がなくても購入できるように一般用医薬品(OTC薬)に切り替えられたものが、近年CMなどでも放送されている「スイッチOTC」です。ちなみにOTCはOver the counterの略語で、薬局のカウンター越しに買える薬を意味しています。

      セルフメディケーションに有用

      スイッチOTC薬には、風邪薬や飲みすぎや食べすぎでお世話になる胃腸薬、頭痛などの鎮痛剤、禁煙補助剤、カンジダ症を対象にしたものなど、様々な種類があります。例えば、頭痛などに用いられる非ステロイド性鎮痛消炎剤のロキソニン、風邪薬にも配合されている解熱鎮痛剤成分のイブプロフェン(大正製薬の某CMで有名)、胃腸薬のH2ブロッカーなどがスイッチOTCに相当します。

      ただし、医師の処方無しに購入できるからといって、闇雲に使用してよいわけではありません。使用頻度が高いと予想されたロキソニンがスイッチOTCとして承認される過程で、日本整形外科学会は同剤にむくみなどの副作用があるため、薬局で販売する薬剤師に対して、購入に際しては適正な用法・用量などの詳しい情報提供、服用しても症状に改善が見られない場合には医療機関を受診することを購買者に勧めることを求めました。その結果、厚生労働省では、日本薬剤師会や日本OTC医薬品協会に対して、これらの取り組みを徹底するための通知を行いました。

      スイッチOTC薬は、承認されてから一定期間の間は第一類医薬品として薬剤師が管理する薬局に限り販売が許可されています。スイッチOTC薬が増えることは、それまで医療機関を受診しなければならなかった症状の治療機会が増えることを意味しますが、副作用のリスクは他の一般用医薬品よりも高いことを理解しておく必要があります。安全に使用するためには、使用してはいけない症状、他の薬との併用の問題、副作用などについての情報を積極的に薬剤師に求めるようにしましょう。

      Szczegóły wpisu

      Komentarze:
      (0)
      Tagi:
      brak
      Autor(ka):
      samurai13
      Czas publikacji:
      niedziela, 25 marca 2012 13:26
  • wtorek, 27 grudnia 2011
    • cerebral aneurysm

      脳ドックの普及で、破裂の危険が少ない小さな動脈瘤まで見つかるようになりました。常に破裂の不安を抱えた人の中には早く治療をして欲しいという人は少なくありませんが、予防のための血管内治療にも、麻痺や最悪では死亡するなどのリスクはあります。

      そのため医師は、本当に治療が必要な患者さんであるかどうかを見極める必要があります。そのためデータベースを作り、経過観察中の患者さんのうち、この大きさの脳動脈瘤が破裂する確率が0.5%以下などの説明をすると、患者は納得して無理な治療を求めることは無いようです。

      Szczegóły wpisu

      Tagi:
      brak
      Autor(ka):
      samurai13
      Czas publikacji:
      wtorek, 27 grudnia 2011 14:07